2014年9月アーカイブ

いろいろあります

「イロいろいろ色色」展はじまりました。
「色」をテーマにした2人展です。

椿﨑和生さんは、あしたの箱ではすっかりおなじみ、独特の叙情性が滲む、語りかけてくるような作品を今回もじっくりお楽しみいただけます。会期が始まってからも「色」のイメージを拡大させてどんどん「色と形」の関係性に踏み込んだ作品を創作中とのこと、会期後半に新作もお目見えするかもしれません。

中井孝さんは、大胆なタッチのアクリル画と、フロッタージュ作品を出展くださいました。
フロッタージュといっても中井さんのそれはとてもユニークなもの。面に厚紙を当て、足で踏むことでその凹凸を写し取り、その後色鉛筆で塗込めては踏み、踏んでは塗り・・を何度も繰り返していかれます。
その作品には工程の痕跡の力強さと、たくさんの色の重なりが穏やかに調和しています。

今回はお2人の作品を共通するイメージで一緒に展示。二つの感性が不思議にリンクしていくようすもお楽しみください。
iro5.JPG