あやしくも愛おしく

「あやしきもののいでたちになやましきおもひぞにぢむいとおしきものたち展」は、1970年代より国内外の駄玩具、雑貨、置物などを独自の目線で集め続けた原強氏のコレクション展です。

ギャラリーはさまざまなモノが駄菓子屋さんの店先のようにひしめき、幅広い年代の方が子どものように宝探しを楽しんでおられます。
それらはみな「意味ない」「役にたたない」・・それでも(それだから?)私たちに不思議な愛おしさを感じさせてくれます。
同時に思いがけない文化や生活の歴史をそれらの中に発見することもあり、資料としての側面を持つものも。
14日には原さんが在廊され、お話も楽しい原ファンの方が遠方からも来ていただきました。
(18日まで)
写真 3.JPG