2014年5月アーカイブ

おおびとさん来たる!

吉田一郎作品展 開催中です。

案内状の写真になっている全長15Mの「飛人」(ピート)は今回ギャラリー2F~3F階段を天蓋のように覆い尽くし、その下をくぐったり、たくさんの「顔」をすぐ近くで眺めたり、身体全体で体感していただける展示となっています。

吉田さんは会期中在廊されており、約500個の空き缶からなるメタリックな「おおびとさん」は毎日少しづつ成長中です。
こつこつ、こつこつと制作される吉田さんの手から、大きな大きなワクワクが生まれて行く過程もお楽しみください。

GP吉田一郎作品展は6月1日まで(会期中無休)
ピート1.jpg
GP.JPG
kankan.jpg

いとおしきものたち展終了しました

「あやしきもののいでたちになやましきおもひぞにぢむいとおしきものたち展」終了しました。

たくさんの方に原強氏の独特のコレクションワールドをご堪能いただきました。
原コレクションはまだまだ氷山の一角、またいつか第二弾をお届けいたします。ご期待ください。

■あやしきもののいでたちになやましきおもひぞにぢむいとおしきものたち展
〜原強コレクション展〜

2014.5.9(金)〜18(日)会期中無休
13:00-19:00(最終日17:00)


『世の中であまり必要とされないもののジャンルの中においても
さらになんだかよおくわからないいでたちやそのものの不思議を、
でも、そこにあるなんだかよおくわからないなりのなかに
なやましげな愛おしさを感じてもらいたい
そおいうなんだかよくわからないものたちを長年かけて蒐集した
コレクションや商品の集大成のお披露目展覧会』原 強(Hara Tsuyoshi)

蒐集家・原強氏が長年かけて集めた古今東西のわけのわからないモノたち。
独特の審美眼で見いだされ、彼が残さなければおそらく私たちが出会うことの無かったそれらには、単に懐かしい、可愛いという以上の愛おしさが漂います。
大きなものから小さなものまでさまざま約1200点のあやしくていとおしいものを展示。



原強展A5 DMs.jpg

火星人.jpg
hara1.JPG



あやしくも愛おしく

「あやしきもののいでたちになやましきおもひぞにぢむいとおしきものたち展」は、1970年代より国内外の駄玩具、雑貨、置物などを独自の目線で集め続けた原強氏のコレクション展です。

ギャラリーはさまざまなモノが駄菓子屋さんの店先のようにひしめき、幅広い年代の方が子どものように宝探しを楽しんでおられます。
それらはみな「意味ない」「役にたたない」・・それでも(それだから?)私たちに不思議な愛おしさを感じさせてくれます。
同時に思いがけない文化や生活の歴史をそれらの中に発見することもあり、資料としての側面を持つものも。
14日には原さんが在廊され、お話も楽しい原ファンの方が遠方からも来ていただきました。
(18日まで)
写真 3.JPG