2013年10月アーカイブ

コノユビトマレツアー「やまなみ工房の巻」

秋晴れに恵まれた10月28日、あしたの箱「コノユビトマレツアー」第二弾として、滋賀県のやまなみ工房にうかがいました。
7月と9 月の2回にわたってこちらで展示しましたやまなみ工房の作家さんたちの創作現場を見学させていただくツアーです。

JR草津線甲南駅から車で5分ほど、到着すると「歓迎!あしたの箱ご一行様」のボードにうれしく迎えられ、まずは施設内ギャラリーで開催中の「Respect展」を拝見しました。以前同じくこちらで展示させていただいた柳田烈伸さんの作品とも嬉しい再会、その後カフェで食事し、午後はスタッフさんが施設内を案内して下さいました。

布、糸、紙、土・・たくさんの方がそれぞれのスタイルで作品作りに励まれています。和やかな中にも心地よい集中の気配が伝わってきて、作品が生み出される過程や時間や作家の息遣いなどをライブで感じることができた、貴重なひとときを過ごす事ができました。


参加された皆様、お忙しい中時間を裂いていただいたやまなみ工房の皆様に感謝申し上げます。ありがとうございました。

welcome.jpg
gufguf.jpg
masamioni.jpg









okamotoroom.jpg
botans.jpg

結構なお点前でした

「菓子と懐紙展」終了いたしました。
最終日夕方にはなんとなくクロージングパーティでにぎやかに終了。
また週末19日には「あしたの箱お茶会」も2回に渡って開催しました。和三盆干菓子作り体験のあと、初心者の方のワークショップや茶事を名村宗弥先生のお話とともに楽しんでいただきました。お茶会は今回初めてオープンの2F和室スペースで行いましたが、1Fギャラリーまで時折笑い声も聴こえてきて、和やかで楽しい雰囲気が伝わってきました。

ご参加、ご高覧下さった皆様ありがとうございました。

kaisi wall.jpg
tea harmony.jpg
kaisi close.jpg









菓子と懐紙 展 〜sweets on the paper〜

2013.10.12(土)〜10.20(日)

懐紙展DM表.jpg

出展作家:足立真人・いざわ直子・イシヤマアズサ・尾崎カズミ・岸野真弓・貴地邦公彦

木戸直子・木村志保子・鈴村温・スハラユリ・たあつこ=かおり・椿﨑和生・てらいまき・原田恵

ミシャコシャ・ミズタニカエコ・宮本ジジ・山本佳世・山本弘子・MON


味わう懐紙、魅せる菓子

「菓子と懐紙展」開催中です。
懐紙はおよそ15cmx20cmの小さな和紙です。使用する時にはさらに半分に折るのでそのスペースはごく小さなものですがお菓子を載せることで拡がりと落ち着きを生む独特の比率を持っています。
懐(という言葉もすでに死語ですが)に携帯して、茶席でお菓子を置くお皿代わりに用いるほか、包んで持ち帰る包装紙として、またメモや一筆箋のようにも用いられてきました。

今回はこの懐紙がテーマ。市販のお菓子を置く方、お菓子のフィギュアも作られる方などアプローチはさまざま、また手法も手描きのほか木版画、銅版画、コラージュ、懐紙自体を木で表現される方もあり、グループ展ならではの幅広い作品が集まっています。
作品として楽しんでいただくほか、新しい懐紙の使い方楽しみ方を見つけていただけたら、と思います。

taatuko.JPG
kido.JPG
mizutani.jpg

GOOD TIMES ROLL・・しました

「やまなみGOOD TIMES ROLL〜シェキナベイベ〜」終了しました。
やまなみ工房で活動する絵画と刺繍の作家4人のそれぞれの強烈な個性が際立つ、見応えたっぷりの展示になりました。
足を運んでくださった皆様ありがとうございました。

『やまなみ GOOD TIMES ROLL〜シェキナベイベ〜』

2013.9.14(土)〜29(日)

会期中の 水曜 木曜日は休廊

13:00−19:00(最終日17:00)

出展作家:大路裕也/岡元俊雄/河合由美子/清水千秋


清水P7315942.jpg

バス黒DSCN4111.jpg

河合由美子.jpg

大路DSCN9394.jpg










yamanamitenji.JPGのサムネール画像