4冊目の絵本「Apple garthのこどもたち」

あしたの箱で作るリトルプレスシリーズの4作目「Apple garthのこどもたち」が出来上がりました。作者のまつうらあいさんは、「夢遊病」のような、夢と現の合間のふしぎな世界を作品テーマにされています。今回の絵本も夢と現実、夜と朝、男の子と女の子、おとなとこどもなど、対比するものが交じり合う曖昧な部分が描かれています。
ただいま原画展を開催中(19日まで・水曜休み)ぜひご高覧ください。

画像左より:「dam dam juice」「まいごのりんご」「あのころごはん」「Apple garthのこどもたち」
(何故か、どのタイトルにも食べ物が入っていますねえ・・)
ehons.JPG