2011年10月アーカイブ

仕掛け小箱WSのようす

10/29、30に各2回づつ、磯部沙恵里さんによる『仕掛け小箱』のワークショップを開きました。

小さな缶や箱にそれぞれのイメージ世界を閉じ込めた「仕掛け小箱」、そっと開く瞬間のわくわく感が魅力です。
各回、小学生から男性まで幅広く集中して楽しく作業していただき、さまざまな傑作が生まれました。

参加していただいた皆さんありがとうございました。
isobesan ws.jpg

『越境』展より〜作品紹介その4

前半に引き続き、後半に展示されている作品についてお二人づつ簡単にご紹介致します。

まず森澤あやこさんの作品です。
今回は3種類の異なった素材を用いながら、シリーズのような構成でまとめられた色彩コラージュを出展されています。
一番異色なのは何といってもサランラップを使った作品、おそらくセロファンよりも薄く軽くデリケートで、微かな風にもその影を揺らがせています。
最近ずっと高野山内で創作されている森澤さんならではなのが、現在建設中の高野山中門の端材を用いた板状の作品。そういえば何やらマンダラ的なニュアンスも感じます。
morisawa.jpg








次に磯部沙恵里さんの作品を紹介します。
磯部さんは、ドローイングやオブジェをインスタレーションのようにちりばめて、その独特の世界を空間全体に演出されています。
「仕掛け小箱」は、お菓子の箱や缶などに小さな別世界を閉じ込めた不思議なオブジェ、手に取ってごらんいただけます。
また、今週末にはこの「仕掛け小箱」のワークショップもあります。
isobe box.jpg


*磯部沙恵里の仕掛け小箱ワークショップ
10/29(土)・30(日) 各日とも1日2回(13時〜と15時〜)開催
所要時間約30分/参加料金¥500
お気に入りのクッキーやキャンディの箱や缶(フタと本体が分かれるもの)をお持ちください。あなただけの不思議の小箱をつくりましょう。
●ご予約お問い合わせはコチラまで

譲原えりか三線ミニライブ

22日、23日の3時より譲原えりかさんの三線ミニライブを開きました。
両日ともあいにくの雨模様でしたが、外の雨音と三線の音色、譲原さんの透明感のある声がうつくしく響き合って心地よいひとときになりました。

今回は沖縄民謡の歌詞(ことば)に込められた家族への思いや教訓、恋、自然などを解説を交えて演奏して下さり、唄の世界をより深く味わうことができました。

雨の中足を運んで下さった皆様ありがとうございました。
sansin.jpg

AWAYAライブで越境展(前半)終了

10/16夜AWAYAライブを行いました。
ライブでは瓢箪スピーカーを展示に加えさらに増設、会場全体に音が広がり、AWAYAさんの伸びやかな音世界を堪能することができました。
途中、楽しいカエルの声クイズや「カエルの唄」の合唱(!)のひとときもあり、さらにAWAYAさん自家製の赤米ポン菓子のお土産つきでお客様にも喜んでいただけました。
参加いただいた皆様ありがとうございました。
AWAYA LIVE.jpg

Happy makerプレゼンツ越境展は16日で前半を終了いたしました。20日からは後半がはじまり展示はすっかり変わります。後半作家の「越境」もお見逃し無く!


Happy maker presents

happy_m_kyyou_rogo.jpg
〜境をこえる〜
時間・空間・場所・作品・人と人・物と物
 あらゆる境界線を無くしていく試み
  心を揺すぶってみる
   なんだか未来にわくわくしてきた

÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷

前半:10月1日(土)〜16日(日)

AWAYA・太田麻衣・yukko*・田面遥華・土持悠孝・はにやかよ・秦忍

お茶会写真教室

14日はyukko*さんによる『お茶会写真教室』を開催しました。
あいにくの雨でしたが、簡単なレクチャーのあと近くの公園へ傘をさしての撮影へ出発、帰られてからお茶を飲みながらお互いの写真を見せ合ってなごやかな講評タイム、ゆっくり楽しみながら写真への興味を深めていただけたようです。
ありがとうございました。
photo.jpg

ライブと落語会のようす

10/9は、土持悠孝(ピアノ)と田面遥華(書)のコラボライブを行いました。
繊細で優しい土持さんのピアノの調べに田面さんが即興で書を合わせていくというユニークなパフォーマンスです。
お二人にとっても初めての試みだったそうですが、お客様には土持さんのピアノの音色が田面さんというフィルターを通してどんなふうに可視化されてゆくかという過程も楽しんでいただくことができました。
最後には照明を消して、書の中に無数のホタルが現れる幻想的な仕掛けもあり、歓声と拍手がわきおこりました。
tuchimo.jpg
tuchi2.jpg








土持さんには11月後半再びこちらのギャラリーで演奏していただく予定がございますのでぜひまたおいでください。

また10/10には、焼酎亭のみなさんによる『越境寄席』を行いました。
焼酎亭は、関西の小劇場で活躍する役者さんたちで作られた古典落語のグループです。
焼酎亭ウーロンさん『延陽伯』、ビールさん『酒の粕』そして紅茶さんによる大作『抜け雀』を楽しんでいただきました。
中入りにはフルート、ピアニカ、そして珍しいカホンという太鼓での演奏もありにぎやかに盛り上がりました。
今回Happy makerさんがお客様にご用意されたのは四天王寺「河藤」さんのかわいいお干菓子です。おひねりのようにくるまれた中身は全部違う取り合わせで女性のお客様には特に喜んでいただきました。
shouchuu.jpg
shouchuu2.jpg



『越境』展より〜作品紹介その3


2Fスペースでは、yukko*さんの写真と、秦さんのインスタレーションを展示しています。

yukko*さんは今回全て蓮の花の写真です。
さまざまな蓮の1瞬の表情がyukko*さんのカメラによって切り取られ、見るものに静かに語りかけて来ます。
14日には初心者向けの入門写真教室が開かれます。お気軽にご参加ください。
*yukko*の『お茶会写真教室』14時〜15時 2000円(コーヒーor紅茶付)
IMG_2270.jpg









最後は秦忍さんのインスタレーションです。
球体に編まれたたくさんのすすきの穂、かすかな風にひとつひとつが微妙に揺らいで不思議な浮遊感と自然との一体感が味わえます。
IMG_2273.jpg









昨日は、はにやかよさんのパステルワークショップを行いました。初めて
挑戦される方もいらっしゃいましたが、画材の扱いにもすぐに慣れてそれぞれ2点の素敵な作品を仕上げられました。参加していただいた方ありがとうございました。
pasWS1.jpg

『越境』展より〜作品紹介その2

田面遥華さんと、はにやかよさんの作品をご紹介します。

書家の田面遥華(Youka Tazura)さんは今回、越境の「越」の文字を大きく書いたものを切り離し立方体に再構成した作品で空間を作って下さいました。他にも緊張感のある作品を2点出展されています。
9日には土持悠孝さん(ピアノ)とライブパフォーマンスを予定しています。
音楽と書のコラボレーション、どんな世界が展開されるのか、楽しみです。
*10/9(日)19時〜21時/2000円(ワンドリンクつき)

IMG_2281.jpg









次に、はにやかよさんの作品を紹介します。
普段パステルアートを描くはにやさんですが、今回は墨流しの和紙に蝶をコラージュした作品ともう一点は、お客様参加型の作品を考えて下さいました。
はにやさんが選んだ森の木の実や石、木片などを皆さんに自由にレイアウトしてもらい、日々変化してゆくアートです。
会場に来られたらぜひご参加ください。

明日(7日)にはパステルのワークショップもあります。
現在あと1名様余裕がありますのでご希望の方お問い合わせください。
*10/7(金)13時〜15時/2000円(材料費込み)
IMG_2264.jpg










『越境』展より〜作品紹介その1

昨日よりHappy maker presents『越境』展はじまりました。
会期前半は6人の作家さんのグループ展です。
お二人づつ簡単に作品の雰囲気をご紹介してゆきます。

まず、サウンドアートのAwayaさん。
ギャラリー奥にたくさんの瓢箪「おとだま おとすけ」がぶらさがっています。ひとつひとつの「おとすけ」にはスピーカーが入っていて、Awayaさんが山の中でサンプリングした水音や虫の声が空間全体を包み込むように広がります。
niwa oto.jpg


「おとすけ」は庭にも越境、ソーラーで音を奏でています。








次に太田麻衣さんの作品を紹介します。
数年前にコラグラフで作られた2作と、時を越えて生まれたのが、それらををカットして織り込んだ全く違うイメージのオブジェ的作品です。
そのユニークなテクスチャーを会場でじっくりごらんください。

oota.jpg