2011年9月アーカイブ

『秘密の収集室』終了いたしました

佐伯裕圭陶展『秘密の収集室』は、無事終了いたしました。大阪で初めての個展ということもあり、遠く広島や鳥取などからもご高覧いただきました。ありがとうございました。


秘密の収集室〜佐伯裕圭 陶展〜

2011.9.17(土)〜27(火) 


PastedGraphic-3.jpg
■佐伯裕圭 Yuka Saeki
1979 大阪府生まれ
2000 関西芸術短期大学 陶芸コース卒業
2005年より京都を中心に個展、グループ展で作品を発表
2006 伊丹国際クラフト展入選
2010 京都工芸ビエンナーレ入選

鳥の理由

佐伯裕圭さんの『秘密の収集室』作品には、鳥のモチーフが多く見られます。
もちろん『秘密の・・』ですからただの鳥たちではありません。世にも珍奇なる姿かたちの鳥たちなのですが、先日お客様が興味深い感想を云われました。
「哺乳類だと表情がありすぎてきっとだめなんでしょうね」
作家さんご自身もそうと意識はされていなかったそうですが、確かに哺乳類だと印象が変わってしまいそうです。
それぞれの鳥たちは、見る物の想像力によって狡猾にも優雅にも不気味にも広くイメージを膨らませることができます。
少し怖いようでもあり・・可愛らしいようでもあり・・その絶妙な狭間を楽しんでいただきたいと思います。(27日まで)
IMG_0762.JPG


秘密の収集室始まりました

本日より『佐伯裕圭陶展/秘密の収集室』はじまりました。

収集室室長が狩猟に出かけて手に入れた珍しい鳥の貴婦人たち・・曲線的で細く尖ったくちばし、微妙な光沢の繊細な絵付けで、無国籍な不思議世界を構築しています。
『東方の女医』『ふみぐらの女史』『錠前破り頭巾之乙女』などタイトルもお楽しみください。

27日まで(水木休み)
IMG_0771.JPG
IMG_0773.JPG