2011年6月アーカイブ

動くおもちゃとからくり展終了

6/17より開催しておりました『動くおもちゃとからくり展』〜多曽田育男・橋爪宏治作品展〜は無事終了いたしました。
期間中前半は涼しくさわやかな日が多かったのが、後半は真夏日になりましたが、どんどん来てくださる方が増え、滋賀、和歌山、愛媛、岡山、東京や広島からもはるばる足を運んでいただき感謝です。からくりおもちゃ好きな方はもちろん、ご自分で作られている方や初めて目にする方々まで、幅広く楽しんでいただけました。
ありがとうございました。


あしたの箱DM表入稿.jpg








多曽田さん在廊中

『動くおもちゃとからくり展』いよいよ明日までです(最終日17時まで)。
昨日から多曽田さんも岡山より来ていただいております。

画像は風車のペイントをする多曽田さん、節電モードのこの夏可憐な花の風車で、涼を感じてください。

tasoda.jpg

アンティークトイとその時代展終了

梅田・京文堂ギャラリーさんにて出張展示しておりましたギャラリーコレクション『アンティークトイとその時代展』は、無事終了致しました。

戦前戦後のブリキのオモチャや面子、すごろくなどの紙製玩具、絵本『まいごのりんご』の原画(田中友美子作)と登場するオモチャの展示、ART ROBOT山下信夫作品などを展示いたしました。

場所柄たくさんの方にお立ち寄りいただけました、ありがとうございます。
ピエロの一輪車.jpgのサムネール画像

ハンペルマン人形ができました

6月19日、橋爪宏治さんによるワークショップ『ハンペルマン人形をつくろう』を開催しました。大人から子どもさんまでにぎやかに合計7人の方に参加していただきました。

当日はさいわいにも、暑くもなく心配していた雨も降らなかったので、庭に電動のこぎりなどを設置していただき、外での作業となりました。

初めて電動のこぎりを使われる方がほとんどでしたが、橋爪さんのていねいなサポートで無事さまざまな作品が誕生しました。

参加してくださった皆様ありがとうございました。

IMG_0632.JPG
IMG_0640.JPG

動くおもちゃとからくり展オープン

「動くおもちゃとからくり」これらはオートマータとも呼ばれています。
「機素」と云われるさまざまな歯車の組み合わせを連動させることで、複雑な、あるいは繊細な動きが生み出されます。
今回はその機素を使ったもののほか自然の風力や慣性を利用したものなど、動きを楽しむ木のおもちゃやオブジェ作品が揃いました。
実際に触って動かしていただけます。動きの面白さとともに、その手触りや音もお楽しみください。(28日まで・水木休廊)

*19日は、橋爪宏治によるワークショップ『ハンペルマン人形をつくろう』を開催します。詳細はトップページごらんください。
テーブル2.jpg

京文堂さんでの展示

本日(6月10日)より、梅田阪急古書のまち(かっぱ横丁)内『京文堂ギャラリー』さんにて、あしたの箱(大阪ブリキ玩具資料室)のtin toyコレクション展示がはじまりました。

アンティークのブリキのオモチャを中心に双六、面子、セルロイド玩具、のほか、山下信夫ART ROBOT新作や、SHIBAKIN FACTORY作品、サンダーバードシリーズBOX ART原画、絵本『まいごのりんご』原画も展示しています。

とても便利な場所ですので、お買い物のついでにお立ち寄りください。

それにしても・・ライトの入ったガラスケースに展示すると、ブリキの艶やプリントの色彩がいっそう引き立って、とても半世紀過ぎたものたちに見えないエネルギッシュな存在感を放っています。ぜひご高覧ください。

IMG_1773.jpg


21日まで(水曜休廊)11:00〜21:00