イズブルーのこと


開催中の天野雅夫作陶展で展示されている『イズブルー』について天野さんに詳しくうかがいました。

伊豆・花坂という地域で数年前、たまたま見つけた青っぽい粘土質の土との出会いが天野さんと『イズブルー』との始まりでした。

その土の不思議な色合いに惹かれた天野さんでしたが、普通の温度調整ではなかなか思うように焼けず何年も試行錯誤、その間にこの土が呈色剤を含まない透明の釉薬で独特の発色をすることを発見しました。
それは、まさに地球の色とも云える、長い年月と自然の力で育まれてきた土本来の性質によるブルーでした。後にこの土の成分分析を依頼されると、この土にはコバルト成分が多く含まれているということが分かったそうです。
天野さんはこの作品シリーズを『イズブルー』と名付けて、小鉢やマグカップなど日常に寄り添って使える器を作り続けられています。

tana.jpg
amano2.jpg